江戸川学園トップページへ
 
 

平成25年度決算報告

 平成26年5月29日(木)に開催された理事会ならびに評議員会において、学校法人江戸川学園の平成25年度決算(案)が承認可決されました。ここに、本学園の1.財産目録、2.貸借対照表、3.資金収支計算書、4.消費収支計算書、監事の監査報告書 を掲示いたします。

 まず、江戸川大学においては、平成26年4月に、幼稚園教諭、保育士資格取得が可能な新学科「こどもコミュニケーション学科」を開設し2学部5学科体制から2学部6学科体制に改編するとともに各学科の定員を見直し適正化を図りました。江戸川女子中学・高等学校においては、平成23年度から着工した創立80周年記念の新講堂・体育館建替工事が26年秋の竣工を目指し進行中です。江戸川学園取手中・高等学校においては、高等部校舎及び管理棟のメンテナンス工事に9年計画で着工しました。また、平成26年4月には「江戸川学園取手小学校」が開校し、茨城県初の小・中・高12カ年一貫教育校が実現しました。4学科及び1つの通信課程からなる江戸川大学総合福祉専門学校においては、福祉分野において人材確保が急がれている保育士や介護福祉士を養成し広範な人材供給を行うことを目的として、社会福祉士、精神保健福祉士国家試験受験資格取得のための専門教育を継続中の他、広く社会の福祉人材確保のため、介護技術研修、介護職員初任者研修、小中学校等への講師派遣等を行いました。

 この様な活動の中で、江戸川学園全体の平成25年度決算の概要について説明致します。
 まず、収入の大半を占める学生生徒等納付金収入は、前年度比114百万円減少の4,713百万円を、補助金収入は、前年度並みの1,078百万円を計上しました。その他の収入においては、手数料収入が102百万円(前年度比7百万円増加)、寄付金収入が77百万円(同22百万円増加)、資産運用収入が81百万円(同11百万円減少)、事業収入が152百万円(同15百万円減少)、雑収入が159百万円(同33百万円減少)となり、その結果、帰属収入合計は、6,361百万円(同151百万円減少)となりました。
 一方、支出面につきましては、人件費が学園全体で前年度比33百万円減少の3,477百万円、教育研究経費は、取手小学校開校(26年4月)、大学:新学科開設(26年4月)等の積極的な事業展開を行った事、女子中学・高等学校講堂・体育館建替工事追加費用 等の要因により前年度比796百万円増加の2,706百万円 、管理経費は665百万円(同33百万円増加)、その他経費は82百万円(前年度比微増)、消費支出合計は6,929百万円となりました。その結果、帰属収入合計から消費支出合計を差し引いた帰属収支差額は▲568百万円(同▲951百万円)、帰属収支差額から基本金組入額1,986百万円(取手小学校開校費用、大学:新学科開設費用 等)を差し引いた当年度消費支出超過は▲2,554百万円(同▲2,124百万円)を計上しました。以上が、平成25年度決算の概要です。

1.財産目録
2.貸借対照表
3.資金収支計算書および4.消費収支計算書
5.事業報告書
6.監事の監査報告書


過去の決算報告

平成24年度決算報告
平成23年度決算報告
平成22年度決算報告
平成21年度決算報告
平成20年度決算報告
平成19年度決算報告
平成18年度決算報告
平成17年度決算報告
平成16年度決算報告


江戸川大学 | 江戸川女子中学・高等学校 | 江戸川学園取手中・高等学校 | 江戸川学園取手小学校 | 江戸川大学総合福祉専門学校